京都生活満喫中
by Yummy_naoko
カテゴリ
全体
∴ 食べもの
∴ シェフィールド
∴ おでかけ
∴ こざるの部屋
∴ 白豆の部屋
∴ 本
∴ 食材&道具
∴ テレビ
∴ パン
∴ かぶとむし観察日記
∴ ちくちく
∴ 京都
∴ その他
モニター
未分類
以前の記事
ライフログ
Caramel Poundcake Baking & Blogging 2004
a0006267_1738158.jpg
先日、Joyceさんが焼いてて、しばらく焼いてなかったな、と思い出したキャラメルパウンド。一時、ひたすら焼いてて(これとかこれとか)、あれは確か去年の今ごろだと思うのですが、ロス、ハワイ、ロンドン、日本と世界中で焼かれていました。材料はみな同じなのにそれぞれ個性がでてて、楽しかったです。

a0006267_17384334.jpgその Joyce さんからの提案で Caramel Poundcake Baking & Blogging 2004 スタートさせて頂きます。ほくほくと作ったつもりが、しっかり焦し、お前そろそろ、新しいオーブンに慣れろよって感じですが・・・。ちゃんとアルミフォイルをかぶせれば良かったんだけど、まぁ仕方なし。ちょっと焦げてもやっぱりキャラメル味って美味しい♪ 私はダブルクリームをたっぷり添えておやつにしました。ムスコはクリームも葉っぱもいらないと言ってたけど、ちょこっと付いてたクリームが美味しいことに気づき(笑)クリームもパクパク。




∴ 生地
無塩バター.............100g
砂糖......................80~100g
薄力粉...................120g
ベーキングパウダー...小1
卵..........................2個
くるみ......................50g

∴ キャラメルソース
カスターシュガー.......60g
生クリーム...............4分の1カップ


①小鍋にカスターシュガー入れ弱火の中火にかけて4~5分時々鍋をゆすりながら、ゆっくり溶かして色が均一になるようにする。

②砂糖がキャラメル色になったら、火から外し生クリームを一気に加えて木ベラでかき混ぜる。そのまま冷ます。

③くるみをローストし冷めたら粗く刻んでおく。

④室温で戻しておいたバターをクリーム状に泡立てる。

⑤砂糖を加えてふわっとするまで泡立てる。

⑥しっかり冷ましたキャラメルクリームを加えて混ぜ合わせる。

⑦まんべんなく混ざったら、卵を少しづつ加えながら混ぜていく。分離しても別に問題はないですが、最初に薄力粉を大さじ1位加えておくと分離しません。

⑧振るっておいた粉を加えてさっくり混ぜる。

⑨刻んだクルミを加え粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

⑩パウンド型に紙をしき、生地を入れて真ん中にナイフを入れて生地をくぼませ、170℃のオーブンで50分前後焼く。

⑪粗熱が取れたら型からだしてワイヤーラックで冷ます。

∴ 注
→その昔、図書館で書き写したレシピで、オリジナルは誰のものだか分かりません。
→砂糖はしっかり色をつけてからクリームを加えると味がぼけません(ちょっと焦げ目位の方がいいです)。
→クリームは一気に加えてもはねることはありませんが、ぶくぶくっと上にあがってくるので、ひたすらかき混ぜてください。
→キャラメルソースはしっかり冷まして固めてからバターに加えてください。温かいとバターが溶けちゃいます。
→焼き時間は目安です。今回の私のようにいつもと同じように焼いてもオーブンが違えば焦げます(恥)。途中で様子をみながら温度を少し下げたり、アルミフォイルをかぶせたりしてください。
→焼いた当日より2~3日たってからの方が味がなじんで美味しいです。
[PR]
by yummy_naoko | 2004-10-11 17:39 | ∴ 食べもの
<< Waitrose オープン シェフィールド銘菓 >>


最新のトラックバック
ココアマーブルのクグロフ..
from 神戸 original ki..
+++ EMS Proj..
from Kagatas* Table
+++ Ginger B..
from Kagatas* Table
+++ 戸塚刺しゅう
from Kagatas* Table
復活祭...のあと。
from West Tokyo Today

Yummy in my Tummy(親サイト)

英国料理や食材
などなど


タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧